2009年03月28日

トンネル怖い

いま描いてる漫画にトンネルが出てくるパートがあるんですが、もう使われていないような古い坑道、隧道なので、煉瓦壁を描くのがすごく大変です。

ひとコマ切り出すと、こんな感じ↓

c03サンプル3.jpg

これはプログに載せる必要上、実際の漫画とは多少人物配置を変えてあります。

まだ汚しも入れていない絵ですが、見てお分かりかと思いますが、一部に先日作成したねじりまんぽトーン、それ以外の通常部分ではフォトショップで作った煉瓦模様を変形して貼り付けて作っています。

なぜって、煉瓦壁描くの大変だからです(苦笑
でもこういう貼り付け作業だけでもじゅうぶん時間食いますね^^;
パースきちんと組んでもうまくチリが合わないこと合わないこと。
手描きの省略法も捨てがたいので、チャンポンしてますけどね。

おまけに作成した煉瓦トーンのサイズがものすごく、メモリ2G積んでるのにフリーズします。
これは作業効率上、ちょっと考えないといけません。

で、これに陰影をつけたいわけですが、ここでまた悩んでいます。
フォトショップのブラシで陰影をつけるか、通常トーンを乗せるか、です。

以下に作例を載せます。

c03サンプル2.jpg
・通常のパワートーンと削り

c03サンプル1.jpg
・ブラシの陰影でパワートーンのトーンチェンジャー

このサイズの画像ではトーンのドットが出ませんが、だいたいのニュアンスの違いは分かってもらえると思います。
いままでず〜っとトーンチェンジャーで表現してきましたが、パソ絵風で不満でした。
ということはやっぱりスクリーントーンオンリー?

いえ、基本トーンで、必要に応じてブラシ効果、それで行くと思います。
その方が深みが出るような気がします。

・・・・・・なんだ、悩んでないじゃん。
そうですね、すいません^^;



posted by まーちゃん at 01:50| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前に稲川淳二が宮崎勤に付いて語っていたのですが、宮崎が猟奇犯罪を起こした原因は悪魔のトンネルをくぐって悪霊にとりつかれたとかいう内容の都市伝説ぽい話。

宮崎は稲川氏にファンレターを送るほどの怖い話ファンで、そのトンネルの悪霊の話は宮崎自身が手紙の中に書いたいたとか。

その悪魔のトンネルとは飲食店一家惨殺事件のあった寂れた村にに通じるトンネルということでした。
そのトンネルに住み着いてる惨殺された一家の悪霊にとりつかれて宮崎は犯行を起こしたのではないか?というのが稲川氏の怖いお話。

実際そのトンネルは現在封鎖されてるとか
聞きますた。

このトンネルのトーンはそういう古くて怖い、何かありそうなトンネルの描写に使えるかもしれないですねw。
Posted by ちりぢり博士 at 2009年03月31日 15:11
お話にあった宮崎事件、忘れたことも多いと思ったので検索してみていろいろ熟読してしまったんですが、やっぱ落ち込みますね。

最近の公判などで知らなかった情報なども出てきているようですが、酒鬼薔薇ではバモイドオキ神、宮崎はネズミ人間など、独自の触媒を作り上げているところが気になります。

でもその飲食店一家惨殺事件というのは初めて知りました。
東京の村っていったら檜原村でしょうか。

どちらにしてもトンネルは異界への入り口として見れますね。


Posted by たなま at 2009年04月03日 17:34
宮崎事件は死刑執行がなされてすべてが終結し(肝心なことがさっぱりわからないままの終わり方でしたが)、改めて宮崎について考えたくなっている方が多いようです。
オラも最近そのての事件系のサイトを覗いたり
しています。


宮崎の書いた今田勇子名義の犯行声明分は、今改めて読むと現実の事件を原作にしたフィクションのように読めますね。
宮崎が自分の起こした現実から逃避したい気持ちと、誰かに自慢したくてたまらない気持ちが微妙に絡み合った変な面白みのある話になってる。

サカキバラが書いた犯行声明分と今田勇子の犯行声明文って似てるんだよね。多分書いてるときの心境は同じような感じだったんだろうぁ。
両方とも架空のキャラクターが登場してる点
も似てる。


昨今エログロ同心誌作ってたプログラマーが
女性をバラバラにしてトイレに流すというと言う事件があり、その犯人がお絵かき掲示板で披露してたエロ画を興味深く見ました。「典型的なエロゲ脳のやつが描いた絵」とネットでは評価されてるようです。手足のない裸の女性がエロポーズ取ってる様子の絵で状況描写が一切無い所に絵心の無さと(テクニックはあると思いましたが)描くことが好きというよりは有り余る性欲の捌け口として描いているように見受けられました。多分典型的なテッドバンディ系の
人物なのでしょう。

犯行声明文もそうだけど猟奇犯罪者の「描いた物」って深読みしていくといろんな発見があって面白いです。


宮崎がくぐったトンネルは宮崎が逮捕された場所の近隣にあったという話ですよ。心霊スポット的な扱いをされてる場所らしいです。
Posted by ちりぢり博士 at 2009年04月03日 21:17
私はグロ画像が絵を含めてダメなので、一瞥しただけにしました>江東区の事件

絵心の無さというのはまさにその通りですが、それはエロ漫画家一般の心理で描いていた私にも理解できます。
背景との相互関係が無いというのはおっしゃる通りで、私は一通りやってその相互関係の無さに飽きて即物的なものはやめた感じです。

よく犯罪心理学者が犯罪者の送りつけた文章に対して「犯罪者特有の異常な執着心をもって一気に書き上げている」と言いますが、あれって創作が熱を帯びた時特有の心理ですよね(苦笑

そういう意味でも博士の言うように、数少ない自己の成功体験の興奮を投入して書かれる、さらに匿名であるとの誤解からフィクションも織り交ぜて語ってしまうんでしょうね。

殺人者の心理についてはコリン・ウィルソンが「殺人百科」などで散々論じてるのを好んで読んできたせいか、どうもウィルソン癖がついてしまい他の説にうとい私ですが、なかなかそれを超えるおもしろい説にはめぐり合いません。
でも典型的なエロゲ脳、というのは一部当たっているわけですね。

でも私は臆病なもんで、その宮崎被告ゆかりのトンネルだけは通りたくないです・・・(苦笑

こえーもんw

Posted by たなま at 2009年04月04日 02:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。