2009年12月14日

フルデジタル作成

先日上げた携帯漫画の原稿をフルデジタルで描きました。
初めて下描きから完成まで紙をぜんぜん使わなかったので、けっこう時間がかかってしまった感じです。

2009y12m14d_000833448.jpg

まずコミックスタジオです。
下描きですがコマ割りを直線ツールで引くのが変な感じでした。
ネームもフォントで入れるので違和感。
というかコミスタ自体が違和感(苦笑)

2009y12m14d_001015385.jpg

ペン入れをしてみます。
ベクター線で入れてみましたが、コミスタのアンチエイリアス無しの線(グレーの部分が無い)に違和感。
でも仕方ないですね。
それともアンチエイリアスでも描けるのかな。

これはカラー原稿なのですが、とりあえず600dpiで描きました。

2009y12m14d_001239713.jpg

全ページにペン入れ出来たら、フォトショップ書類に書き出し、350dpiに変換。
描線がきれいにアンチエイリアスになりました。
やっとフォトショで色塗り開始。
sai買ってないし、ペインターはいつまでたっても重くて慣れないので、フォトショで塗ることに。
しかし全22ページ、コマ数にして120くらい、えらい時間かかります。
最初に肌全部、次に髪全部というふうに作業しました。
一番気を遣う部分なのか、いつまでたっても終わらず・・・。

2009y12m14d_001330057.jpg

服にも色入れたら、やっと背景です。
なぜか背景はサクサク進みました。
フォトショ向け?

出来合いの背景画像拾ったり自分で描いたり。
350dpiだと背景線は直線ツール使うとぜんぶ1pixel。

2009y12m14d_001417479.jpg

最後に背景効果やって擬音入れて完成。
とはいえフルカラーというのは選択肢がそれこそ無限なので、色調補正などでいじりまくってると、いつまでたっても終わりません。
でも締め切りもあるので、そこはサクっと終わらせてROMに焼いて宅急便で送って終わり。

今回はフォトショで塗りましたが、次回からはイラストスタジオで塗ります。
色調補正などが少し弱いのと入稿の関係でフォトショも使いますけどね。

あと特筆すべきは携帯漫画だということ。
携帯漫画の恐ろしいところはページ数よりもコマ数で計算されること。
同じ22ページでもコマ数が届かないと駄目なんです。
あとフキダシは別レイヤーで動かせるように入れるので、ぜんぶはみだしています。
コマの枠線も紙媒体とは意味合いが違うので、揃っている必要がありません。
いちばん違うのが新作は「フルカラー前提」だということです。
120コマ色を入れるということです。
色乗せは外注もありだそうですが、真っ白な線画だけ渡すのって、どうなんでしょう。
勇気が要りますね。

色々聞いていると紙媒体の読者と携帯読者はぜんぜん被らないんだそうです。
しかも70%は女性だとか。
当然その媒体の縛りは作品内容の縛りに直結します。
今後どう伸びていくか分からない媒体なので、毎回変化に対処しながら続けることになりそうです。

しかし、フルデジタル、ネームと下描きのあたりくらいまでは紙でやった方が早いのかも知れないです。
そこらへんの見極めは今後の課題ですね。






posted by まーちゃん at 01:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。