2009年12月16日

METAL MILKについて

mm03.jpg

漫画家になるず〜っと前、私はとある同人に参加していて、「描きたい漫画はもう描き尽くしたな〜」という思い上がり状態にありました。
そんな私が別ルートの友人らと始めたのが「れとりか」というミニコミ誌でした。
それを持ってコミケットに参加したり、特撮雑誌「宇宙船」の同人コーナーで紹介されたりして、一定の成果はあげたな〜と慢心している時期でした。
(この「れとりか」がきっかけになって漫画家のかがみ☆あきらさんのアシスタントになったりするのですが、それはまた別の話です)

この「れとりか」、漫画はちょっとでSF小説やSFX映画の評論が主で、まぁ漫画以外のことがやりたくなってた時期なんでしょうね。
実生活でも漫画は読まず、小説や評論しか読まなくなってました。
コミケットは年2回だし、それ以外でも売りたいなと思い、漫画評論雑誌「コミックボックス」の広告で見つけたのが新宿2丁目の怪しい界隈にあった「ふりーすぺーす」という同人誌書店でした。

そこで見つけたのが'くり鋭斗'さん著の「ロッキーモーリーコミックショウ」という小さな同人誌でした。
感激しました。
当時「東京おとなクラブ」という評論誌も出始めで、どちらかに連絡取りたいなと思っていたのですが、けっきょくモーリーの発行元であるスタジオ・ハロウィンのくり鋭斗さんに手紙を出しました。
連絡と言っても売り込みとかたいそうなものではなく、一種のファンレターだったんですけどね。
おとなクラブやめたのは、いわゆる宮崎系美少女のフォーマットのが描いてて楽しいなぁと思っただけなんですが。
多分おとなクラブに連絡しても無しのつぶてだったでしょうが、その「れとりか」が今で言うサブカル系を標榜していたので、そういう色気もあったんでしょうね。

さっそくスタジオ・ハロウィンからお返事をいただき、今度出すB5版の同人誌に一本描かないかと返事がきました。
もちろんすぐ描きました。
それが下の「Live in 3D」という漫画です。


mm01.jpg

mm02.jpg


なんともつたない絵で申し訳ないんですが、この漫画を吾妻ひでお先生が面白いと思ってくれたらしく、白泉社の編集さんに推薦していただいたんですね。
話がゴチャゴチャして分かりにくいですね^^;

話を戻すと、「また漫画描くぞ〜」という気にさせてくれたのが、このMETAL MILKという同人誌だったということです。
あ、こういう漫画も描いていいんだと思ったきっかけだったんだから、スタジオ・ハロウィンは一種の恩人ですね。
というわけでとても思い出深い同人誌なのですが、内容はとても特殊。
当時隆盛だったハリウッド特殊メイクへの思い入れやカルト映画への憧憬で出来上がっていた舶来系ホラー同人誌でした。
当時の商業誌の世界でもこの洋ピン系ホラーブームというのは無視できないもので、漫画に直接的に影響を与えてしまうくらいハリウッドSFX映画にパワーがあったのです。

しかし残念ながら洋ピン系ホラー漫画は日本に馴染まず、その後「ウィングス」などで描いた漫画でも読者投票の結果は和風のホラーの方がずっと上でした。
そこで和魂洋才で作ったのが「妖魔ミカヅキ」なんですが、それもまた別の話です。

けっきょくこのMETAL MILKは精神的支柱であった奥沢聖治さんという批評家さんが急逝することにより立ち消えになってしまいました。
奥沢さんは当時、スティーヴン・キングの評論本を出したばかりで、将来を嘱望されていました。
今から考えても、とても残念なことです。
私にとってもこのMETAL MILKに関わった頃は漫画か文筆かで揺れていた時期だったので、突然漫画家に仕立て上げられてしまったという中途半端な状態でした。

正直言うと私が漫画家に自覚的になったのは'90年代に入ってからです。
漫画家でやっていこうと決心したのがデビューして5年後です。
だから、かがみさんの紹介でゆうきまさみさんのところへヘルプで入った時も「漫画はバイトですんで」なんて言ってたような気がします。
でもかがみさんが突然亡くなった時には「ヤバイ感」、吾妻先生が失踪した時には「ドツボ感」に捕らわれ、辞めるに辞められなくなっていたんですよね・・・。
まぁここら辺のエピソードも腐るほどあるんですが、先様もおられることですしここら辺にしておきます。

だからかもうそれまでの'80年代の自分の漫画を見返すのは赤面以外のなにものでもないんですが、逆に考えれば一番楽しい時期でもありました。
いろんなことがありましたが、多くのボタンのかけ違いも起こりました。
そのひとつがMETAL MILKと疎遠になってしまったことです。
この一回しか描けませんでした。
もっと描きたかったんですけどね。
まぁくりさんに「田中さんのはMETAL MILKと少し違う」と言われたのもあるんですが(苦笑)

なにが違ったのか・・・まぁ、あれです(笑)
でも考えてみればどこへ行っても「ちょっと違う」だったような気がするなぁ。
「ちょっと違う」はデフォルトのようです。

今回こんな話になったのは、そのMETAL MILKに関わった方がメールをくれたおかげです。
手元になくなった掲載誌をデジカメで撮ってもらって、10数年ぶりに自作と再会ができました。
ありがとうございます。

画像はちょっと歪んでいますが、この漫画もそのうちHPの方で公開しますのでその時は見てやってください^^

(2009年12月17日改稿)
posted by まーちゃん at 06:37| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 昔のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしい名前を見たので、お伺いしました。
『メタルミルク2』って、持っていたような気がしたので探してみたのですが・・・別のところに置いているのかな?
スプラッター以外のホラー漫画は好きなので持っていたと思ったのですが・・・
女の子がゴムのような皮を脱いでて、その下にはメタリックな体が・・といったようなイラストありませんでした?
かがみあきらさんか、懐かしいな。
彼の本持ってます。鏡の中に入っていくと女の子になって・・というの確かありましたよね。
洋物ホラーといえば、菊池秀行さんなんかもそうですよね。「魔界都市新宿シリーズ」ファンです。・・・て、田中さんのお話とは関係なかったですね。
ど〜もスンずれいしました。^^;
Posted by よしおか at 2009年12月17日 20:50
コメントありがとうございます。
極私的な話題なので読み流してくれてけっこうなんですが、メタルミルクをお持ちだったというのはとても嬉しいです^^

映画に関してですが私は最近もう血糊が駄目で、数年来ゾンビブームだったのに数本しか観れませんでした。

菊池秀行さんは当時の白泉社の担当さんが薦めてくれましたっけ。
その方ほんとはラブクラフトファンだったんですけどね。
Posted by たなま at 2009年12月18日 01:33
こんにちは。メタルミルクで検索してたどり着きました。
当時通販で購入、Live in3Dで「スプラッター・ムービー」という言い回しを初めて知りました。扉絵の細かい絵が好きで中に警官の巨大な顔に手足が小さく付いてて「ズーンズーン」と効果音書かれてるのとか、リック・ベーカーとロブ・ボーディンが客席にいたり、女の娘の「パパこんにちはして」の台詞がお気に入りでした。

奥沢聖治さんが亡くなられていたのは…知りませんでした‥残念です‥。

最終号だけは入手出来ませんでした。
あ、あとlightに寄稿しました(泣)洋館舞台に姉妹が殺し合いするつまんない漫画です。送って半年以上あとに旧に届いて恥ずかしかったなああ(号泣)。

Twitterでフォローしてます、これからも頑張ってくださいませ。急に失礼致しました。
Posted by あんまりよう/amaritpnae at 2011年01月29日 13:59
>あんまりよう様

コメントありがとうございます。
返事遅れてスイマセン。
メタルミルクLight憶えております^^
同人誌自体は散逸してしまい手元にありませんが、何度も見返しているので頭の中に入っておりました。
メタリミルクに関わった人で漫画を続けているのが推定僕くらいになってしまい、とても寂しいです(苦笑)
最近でも何度か復刊を考えましたが、洋画ホラーベースというフォーマットそのものが古いこともあって、動き出すには至りませんでした。
かといってJホラーじゃ・・・(苦笑)

奥沢聖治さんが亡くなったのがほんと痛いです。
似た切り口を持っていた青山正明さんも亡くなりましたし、なんかそういうエッジ的立ち位置なんですかね^^;

でもしかし、新しい切り口ないかな〜と事あるたびに妄想に耽っているのは相変わらずなんですが・・・。
これを機会にお付き合いヨロシクお願いいたします^^
Posted by 田中雅人 at 2011年02月03日 01:22
コメントありがとうございます。
ホラースプラッターの流れがあの時期でいったん断線してしまったのは本当に残念でした。レモンピープルはオールカラーでホラー増刊号を少し出しましたが、結局続かなかったですし-・
山ノ内真も今描いてないんでしょうかね、別名で検索しても見つかりません・…
またお邪魔致します、宜しくお願いします
Posted by あんまりよう at 2011年02月03日 13:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。