2012年11月08日

新作の進行報告です

 TS漫画の新作『男の娘じゃない。』(仮題)の一話目の目処が付いてきました。
 現状が電子書籍への過渡的な時期ということもあって、描きながら随分迷いました。
 今でも迷っています。
 無視できないのはネットで公開や電子書籍の場合、今後のことを考えると、やっぱりフルカラーが求められるということなんです。でも紙媒体用の単色も用意しなきゃならない。
 となると、手間が膨大に増える割に実入りが少ないという悲劇が生まれ、皆さんそれで悩んでいるんだと思われます。一体どうしたら良いのでしょうか。

2012y11m08d_064219905.jpg

 そこで僕がひとつの考えとしたのが、成人漫画としての考え方でした。
 成人漫画にエロシーンを多く取りたいのは誰しも思うところです。でもシチュエーションがしっかりしていないと、せっかくのエロシーンも生きないものですよね。それで繋ぎの状況描写シーンもしっかり描くと、エロシーンが少なくなってしまうという自己矛盾に陥ります。しかもそれがフルカラーに於いておや、です。なにせカラーの場合、倍の執筆時間がかかりますから。
 それで今回ちょっと実験をしてみました。作品中のエロシーンとエロシーンの繋ぎ部分を挿絵入りのノベルスにしてみたのです。
 繋ぎ部分だけラノベになっちゃう訳です。

 現在の製作状況は表紙入れて12ページまでの漫画部分の彩色がほぼ終了(エロシーンが冒頭にあり6割)、その後、急にラノベ風になり6ページです。この文章ページは毎ページごとワンカットの挿絵が入ります。
 ここまで18ページはほぼ、出来た訳です。
 ここから数ページ引きのエロシーンをまた漫画で繋げる予定です。その漫画部分は6ページ前後は描きたいです。もちろんフルカラーで。それで第一話が全24ページですね。
だから公開にはもう少しかかりますが……。

 これをやっていて面白いなと思ったのは、作品の意匠デザインとしてです。グラフィックとして面白いんじゃないかなということでした。
 それから6ページのノベルス部分にかなりの情報が投入出来る点が発見でした。ノベルスが漫画を補完するのではなく、それだけで作品であるように書くのはけっこう大変なことだと思いますが、一枚絵を除いた5ページなら半日かからず書けてしまいます。
 でも、漫画の途中にいきなり文章がはさまるなんて読者の方によってはすごい抵抗があるかも知れないですね。これはやはり制作費の問題と、あと実験的な側面が二割程度あるでしょうか。経緯なんて興味ない人は漫画部分だけ読めばいいという考え方もあります。でも読者あっての話なので、自分ではよく分かりません。ですから公開前にボランティアのモニターの方を見つけて読んでもらって、意見をいただくかも知れません。

 次に発表形態ですが、商業誌向けの内容ではないので同人誌で出したい、のは山々ですが、予算がありません(苦笑)、しかもフルカラーなので、かなりかかるんじゃないでしょうか。
 というわけで選択肢がダウンロード販売サイトへの登録しか残されていないです。
 同人誌で出したいのは山々ですけど、なにせ個人では実績がないし……。
 商業誌での発表の場合でも、やはり編集部と相談して一から積み上げたストーリーで進めるのが筋だと思いますしね。そもそも各々の雑誌の現場が日々感じている読者の需要などは、事前に持ち込む側に分かる訳もないと思うんです。

 あとはダウンロード販売サイトへ登録する時の値段の付け方ですね。いくらにしていいか、さっぱり見当が付かない。ノベルス部分を除いたフルカラー18ページだと90コマをカラーで描くことになり……。
 でも、あんまり高いと買ってもらえないし……。
 あぁ、分からない(苦笑)
 24ページのフルカラー同人誌っておいくらくらいなんですかね。

posted by まーちゃん at 06:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/300871340
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。