2009年12月16日

METAL MILKについて

mm03.jpg

漫画家になるず〜っと前、私はとある同人に参加していて、「描きたい漫画はもう描き尽くしたな〜」という思い上がり状態にありました。
そんな私が別ルートの友人らと始めたのが「れとりか」というミニコミ誌でした。
それを持ってコミケットに参加したり、特撮雑誌「宇宙船」の同人コーナーで紹介されたりして、一定の成果はあげたな〜と慢心している時期でした。
(この「れとりか」がきっかけになって漫画家のかがみ☆あきらさんのアシスタントになったりするのですが、それはまた別の話です)

この「れとりか」、漫画はちょっとでSF小説やSFX映画の評論が主で、まぁ漫画以外のことがやりたくなってた時期なんでしょうね。
実生活でも漫画は読まず、小説や評論しか読まなくなってました。
コミケットは年2回だし、それ以外でも売りたいなと思い、漫画評論雑誌「コミックボックス」の広告で見つけたのが新宿2丁目の怪しい界隈にあった「ふりーすぺーす」という同人誌書店でした。

そこで見つけたのが'くり鋭斗'さん著の「ロッキーモーリーコミックショウ」という小さな同人誌でした。
感激しました。
当時「東京おとなクラブ」という評論誌も出始めで、どちらかに連絡取りたいなと思っていたのですが、けっきょくモーリーの発行元であるスタジオ・ハロウィンのくり鋭斗さんに手紙を出しました。
連絡と言っても売り込みとかたいそうなものではなく、一種のファンレターだったんですけどね。
おとなクラブやめたのは、いわゆる宮崎系美少女のフォーマットのが描いてて楽しいなぁと思っただけなんですが。
多分おとなクラブに連絡しても無しのつぶてだったでしょうが、その「れとりか」が今で言うサブカル系を標榜していたので、そういう色気もあったんでしょうね。

さっそくスタジオ・ハロウィンからお返事をいただき、今度出すB5版の同人誌に一本描かないかと返事がきました。
もちろんすぐ描きました。
それが下の「Live in 3D」という漫画です。


mm01.jpg

mm02.jpg


なんともつたない絵で申し訳ないんですが、この漫画を吾妻ひでお先生が面白いと思ってくれたらしく、白泉社の編集さんに推薦していただいたんですね。
話がゴチャゴチャして分かりにくいですね^^;

話を戻すと、「また漫画描くぞ〜」という気にさせてくれたのが、このMETAL MILKという同人誌だったということです。
あ、こういう漫画も描いていいんだと思ったきっかけだったんだから、スタジオ・ハロウィンは一種の恩人ですね。
というわけでとても思い出深い同人誌なのですが、内容はとても特殊。
当時隆盛だったハリウッド特殊メイクへの思い入れやカルト映画への憧憬で出来上がっていた舶来系ホラー同人誌でした。
当時の商業誌の世界でもこの洋ピン系ホラーブームというのは無視できないもので、漫画に直接的に影響を与えてしまうくらいハリウッドSFX映画にパワーがあったのです。

しかし残念ながら洋ピン系ホラー漫画は日本に馴染まず、その後「ウィングス」などで描いた漫画でも読者投票の結果は和風のホラーの方がずっと上でした。
そこで和魂洋才で作ったのが「妖魔ミカヅキ」なんですが、それもまた別の話です。

けっきょくこのMETAL MILKは精神的支柱であった奥沢聖治さんという批評家さんが急逝することにより立ち消えになってしまいました。
奥沢さんは当時、スティーヴン・キングの評論本を出したばかりで、将来を嘱望されていました。
今から考えても、とても残念なことです。
私にとってもこのMETAL MILKに関わった頃は漫画か文筆かで揺れていた時期だったので、突然漫画家に仕立て上げられてしまったという中途半端な状態でした。

正直言うと私が漫画家に自覚的になったのは'90年代に入ってからです。
漫画家でやっていこうと決心したのがデビューして5年後です。
だから、かがみさんの紹介でゆうきまさみさんのところへヘルプで入った時も「漫画はバイトですんで」なんて言ってたような気がします。
でもかがみさんが突然亡くなった時には「ヤバイ感」、吾妻先生が失踪した時には「ドツボ感」に捕らわれ、辞めるに辞められなくなっていたんですよね・・・。
まぁここら辺のエピソードも腐るほどあるんですが、先様もおられることですしここら辺にしておきます。

だからかもうそれまでの'80年代の自分の漫画を見返すのは赤面以外のなにものでもないんですが、逆に考えれば一番楽しい時期でもありました。
いろんなことがありましたが、多くのボタンのかけ違いも起こりました。
そのひとつがMETAL MILKと疎遠になってしまったことです。
この一回しか描けませんでした。
もっと描きたかったんですけどね。
まぁくりさんに「田中さんのはMETAL MILKと少し違う」と言われたのもあるんですが(苦笑)

なにが違ったのか・・・まぁ、あれです(笑)
でも考えてみればどこへ行っても「ちょっと違う」だったような気がするなぁ。
「ちょっと違う」はデフォルトのようです。

今回こんな話になったのは、そのMETAL MILKに関わった方がメールをくれたおかげです。
手元になくなった掲載誌をデジカメで撮ってもらって、10数年ぶりに自作と再会ができました。
ありがとうございます。

画像はちょっと歪んでいますが、この漫画もそのうちHPの方で公開しますのでその時は見てやってください^^

(2009年12月17日改稿)
posted by まーちゃん at 06:37| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 昔のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。